ガスがなく冷えないエアコンへ5つの対処法を試す!自動車のエアコンも

2022年3月29日

冷蔵庫や洗濯機のように1年中使用するものではなく、季節によってその需要が高まる家電のことを、「季節家電」と呼びます。季節家電といえば、思い浮かぶのはエアコンではないでしょうか?

特に夏場の猛暑は、扇風機では心もとなくなって来ていますね。家だけではなく、車でも夏場にエアコンをつけて走りますよね。運転中も待機中も、社内の暑さには辟易します。

今では生活に欠かせないエアコンですが、内部にガスを充填してあるのはご存知でしょうか?「何だかエアコンの効きが悪い、故障だろうか?」実はそれ、ガス不足かもしれません。

エアコンのガスが不足した時に現れる症状、その対処法などをご紹介していきます。

1.エアコンのガスとは

家庭用エアコンのガス

家庭用エアコンにガスが使われている、と聞いても、その仕組みを詳しく知っている人は少ないでしょう。エアコンに使われているガスは、ガスと言っても、燃料のガスではありません。

主に使用されているのはフロンガスで、圧力をかけることによって気体から液体へ状態が変化します。その変化の過程で周囲の熱を下げたり、上げたりする働きをします。その空気を室内に送るのが、いわゆる冷房や暖房なんです。

店舗など、多数の場所を一度に暖める必要のある施設ではガスヒートポンプ式と言う、ガスエンジンを使用するエアコンが使用されています。

自動車エアコンのガス

ガソリンスタンドなどで、ガスチャージなど聞いたことはありませんか?カーエアコンも、家庭用エアコンと仕組みは同じで、フロンガスを使用しています。

2.家庭用エアコンのガスがなくなったことに気づくサイン

エアコンの効きが悪い

ガス不足の症状は、明らかに能力が低下するのですぐに分かります。特に冷房。風は出ているのに、設定温度をいくら下げても全く冷えない時は、ほぼガス不足だと考えて良いでしょう。

3.自動車エアコンのガスがなくなったことに気づくサイン

エアコンの効きが悪い

自動車のガス不足の症状も、家庭用エアコンと同じです。暖房はエンジンの熱を使うので分かりづらいですが、冷房はすぐに分かります。

4.家庭用エアコンのガス補充をしたい時の対処法3つ

専門業者に頼む

エアコンのガスは、基本的に一度入れたら補充する必要はないものです。そのため、ガスが抜けているのならガス漏れの可能性が疑われます。ガス抜きなどの専門的な技術が必要で、フロンガスの取り扱いは素人では難しいため、必ず専門の業者に頼みましょう。

ガスの充填にかかる料金はその業者によって様々ですが、2万円前後かそれ以上はかかると言われています。先述の通り、基本的にガスは漏れない構造になっていますので、ガスが不足しているということは、どこかでガス漏れを起こしている可能性があります。そのままガスを補充してもまた漏れてしまいますので、隅々まできちんと調べる必要があり、部品の交換や修理などで費用がかさむ傾向にあります。

ガス漏れの原因は設置時の初期施工ミスか、エアコン内部の故障です。前者の場合は、業者のミスですのでこちらが費用を負担する必要はありません。施工業者に強く言いましょう。

後者の場合は、ガスは冷媒回路なので、メーカー保証は5年間になっています。メーカーのサポートに問い合わせてみると良いでしょう。

掃除と点検をする

エアコンの効きが悪いのは、冷媒ガス不足ではなく、掃除不足かもしれません。

フィルターは定期的に掃除していますか?エアコン内部にもゴミが溜まると能力が落ちます。しっかりと掃除しましょう。

買い換える

長年使っているエアコンであれば、買い替えを検討した方が安上がりかもしれません。購入した店舗との交渉次第では、設置のついでに撤去費用をサービスしてくれることもあります。ただし、エアコンは家電リサイクル方対象家電なのでリサイクル料金の1,404円はかかります。

5.自動車エアコンのガス補充をしたい時の対処法2つ

専門業者に頼む

カーエアコンはその性質上、家庭用のエアコンと比べると、経年劣化などでガス漏れが起こりやすいです。自分で補充することも可能ですが、やはりガス漏れは基本的に起こらない症状ですので、どこかで漏れていると考えられます。充填はできても、破損箇所のチェックまでするのは素人では困難なので、大人しく専門業者に任せましょう。

業者によって金額は様々ですが、ガスの充填だけならば平均3,000~5,000円程度、故障箇所を探すと2万円以上かかることもあります。

注意したいのは、ディーラーやGSなどでは、エアコンの知識に乏しく、ガスを補充しておしまい、なんてことも多々あります。お近くのエアコンやモーター、バッテリーなどを扱っている電装屋に診せるのが確実です。

自分でガスを購入して自分で補充する

自動車の知識があるのなら、カー用品店やアマゾンなどのインターネットでガスを購入して自分で充填することも可能です。ただし使用する道具にも様々な種類があり、手間もかかるのであまりおすすめはしません。

Zehitomoでエアコン修理を依頼

真夏にエアコンが故障すると、不快なだけではなく熱中症などの危険もあります。自然にガスが抜けるという事は基本的にありませんので、経年劣化が考えられる場合は買い替えを検討した方が安上がりなこともあります。一度しっかりとエアコン修理のプロにみせることをおすすめします。

Zehitomoにはたくさんのエアコン修理のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合うエアコン修理のプロを見つけてみてくださいね。