フローリングはすぐカビる!状況別の別対処法と徹底掃除の4ステップ

2022年4月25日

カーペットの下や布団の下のフローリングに、カビが生えてしまった!かなりショッキングな出来事ですよね。カビは気温25度以上、湿度70%以上、そして様々な栄養があると繁殖しやすくなります。湿気のあるお風呂場やキッチンはもちろん、部屋の中でも簡単にカビが好む環境を作ってしまいがちなんです。家の中にカビが生えるとアレルギーの原因になってしまいますから、早めに対処したいですよね。

今回はフローリングにカビが生える原因とカビを取るテクニック、またカビを生えさせない予防策について考えていきましょう。

フローリングにカビが生える原因2つ

水濡れが乾かない

雨漏りや水漏れで床が水浸しになったのち、湿度が高い部屋などでは水が乾きにくく、1~2か月たったころにカビが生えることがあります。濡れた初期の段階で乾燥除菌を業者に頼んで、きちんと処置すると、リフォームより安く済みますよ。

窓周辺の結露によるカビも考えられます。結露がフローリングにしみることによりカビが生じてしまうのです。

布団を敷き続けたなど、過度な湿気がたまった

フローリングに直接布団を敷いて、敷きっぱなしにしたり万年床にしてしまったりするとどうでしょうか。人は寝ている間に約コップ一杯の汗をかくと言われています。

人の体温で布団は温められ、埃や髪の毛などはカビの栄養となるため、カビの繁殖にぴったりの条件がそろっているわけです。結果、フローリングにも、布団にもカビが生えてしまいます。

またカーペットやマット、ホットカーペットをフローリングの上に敷くと、やはり湿気がたまり、ホコリなども栄養になって、カビが生えやすくなります。

フローリングのカビを取り去る掃除テクニック4つ

使用する掃除道具

●フローリングワイパー

●逆性石鹸

●重曹

●エタノール

*ゴム手袋、マスク着用でのぞみましょう

1.まずは拭き取りから

フローリング カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ

すぐに掃除機をかけてしまうとカビの胞子を部屋中に巻き上げてしまいます。フローリングワイパーまたは雑巾などを使って、静かにカビの胞子を拭き取るのが先決です。その後掃除機をかけます。

2.逆性石鹸で拭く

説明に従って希釈した逆性石鹸液をスプレーボトルに入れてしっかり雑巾で拭き取ります。逆性石鹸は殺菌作用があり、フローリングの色落ちの心配がないためおすすめです。色落ちの心配がないならば無水エタノールを80%に希釈した液体をスプレーボトルに入れてスプレーしつつ拭くこともできます。

このときカビキラーなどで拭いてしまうと、フローリングの色落ちの原因になってしまいますので注意しましょう。

3.カビの黒ずみを取り除くには

家庭用の中性洗剤を使いましょう。黒ずみ部分に洗剤をたらし、汚れを浮かせてから拭き取ります。

また、重曹を振りかけてその後水を振りかけてから拭き取ることによっても黒ずみを落とすことができます。

重曹の10倍の効果があると言われているセスキ炭酸ソーダを使うこともできますよ。水に説明書に従って溶かした後、スプレーボトルに入れてスプレーして固く絞った雑巾で拭きます。

4.フローリングの溝のカビを取る方法

中性洗剤を溝にたらして汚れを浮かせた後、つまようじでカビを掘り出しましょう。汚れを固く絞った雑巾で拭き取ったのち、エタノールをスプレーしておくと除菌効果が期待できます。

カビの色が取れない場合のシチュエーション別対処法3つ

1.業者に頼む

逆性石鹸や無水エタノールを使って拭き掃除をしても、カビがどうしても取れないことがあります。

それはカビの根がワックスの下まで入り込んでいるということなので、ワックスをはがしてのカビ取りかもしくは張り替えが必要になります。業者にお願いしましょう。フロアコーティングをするとカビをはじめ微生物の進入を予防することができますよ。

2.賃貸の場合はどうしたらいい?

カビをそのままにすると、補修費用を要求される恐れがあります。掃除でカビが取れない場合や業者に頼む前に、大家さんに相談するのが無難でしょう。

3.カビを隠すことはできる?

カビの色を完全に取り去ることは難しいと言われています。フローリング用の補正テープやクレヨンを使うという手もあります。

フローリングにカビを生えさせない方法3つ

1.湿気をためない

フローリング カビ 掃除方法 ハウスクリーニング 業者 ゼヒトモ

カーペットやラグはこまめに掃除して定期的に干しましょう。カビ予防と同時にダニ防止にもなりますよ。もしカーペットやラグが濡れてしまったら水気を拭きとり、乾かしましょう。部屋の換気も大切です。

2.布団を敷きっぱなしにしない

フローリングの床の部屋で万年床は、あきらめて、定期的に布団も干して乾燥させましょう。

3.布団を敷く時はすのこなどを下に敷く

フローリングと布団の間に少し空間ができます。湿気と温度を下げる効果はありますが、布団で覆われてしまうので結局湿気はこもります。

やはり定期的に布団を干し、すのこもきちんとあげましょう。布団の下に除湿マットを敷く、という方法もあります。

Zehitomoでカビ防止のプロを依頼

カビは早めに対処すれば取り除ける確率は高くなります。普段から換気、掃除に気をつけ、カビかな?と思ったときに見て見ぬふりをするのはやめましょう。健康的で快適な毎日を過ごすためにも、カビ防止のプロに依頼してみましょう。

Zehitomoにはたくさんのカビ防止のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合うカビ防止のプロを見つけてみてくださいね。