おおそうじを効率よく。年末大掃除リストの順番で時短・キレイに

2021年12月7日

年末が近づくと、クリスマスや年越しなど楽しい行事もあります。しかし大掃除が待っているのも忘れてはいけません。年に1度の大掃除を効率よく終わらせることができたら、次の年もいいスタートがきれるはずです。 今回は簡単に効率よく、大掃除を終わらせるリストと大掃除のコツをご紹介します。


簡単に部屋をキレイに、順番通りに終わらせるおおそうじリスト

大掃除はやることがたくさん。掃除する場所も、時間も把握できません。そこでリストを効果的に使います。最後まで終わらせて、いい年末を過ごしましょう。


おおそうじリストに書かなければならないことを抑えよう

・掃除する場所を把握する

家のすべてを掃除するのは厄介です。リビングやキッチン、トイレ、お風呂など、細かいところをあげたらきりがありません。しかもどこを掃除したかを把握するのも、頭で覚えようとするとパンクしてしまいます。

・年末最後のゴミ収集日がおおそうじの期限

落とし穴なのが、収集日を逃して年越しを迎えてしまうことです。収集日は年末でお休みしている可能性があります。最終日までに大掃除を終わらせていなければ、ゴミを家に置いたまま年を越してしまいます。

・確実にゴミ出しをコツコツするための工夫

大掃除をすると、いつも以上にゴミがでます。ちゃんとゴミ出しをしないと、家に大量のゴミ袋を置いておくことになります。日々の収集日を記録しておくことで、ゴミを出せないミスを減らしましょう。


おおそうじに使われる代表的なリスト

下のリストを見てください。掃除する場所、それをさらに細分化しています。その後掃除を完了したかどうか、誰が担当したのか、予定日と実施日を記入する欄があります。


効率よくキレイな部屋に変える、シンプルすぎるおおそうじリスト

簡単に家をキレイにするために必要なことはシンプル。掃除場所を「散らかりゾーン」と「汚れているゾーン」に分けて考えることです。このゾーンを探すのが、今回のリストを活用するためのポイントです。


散らかりゾーンのためのおおそうじリスト

散らかりゾーン」の例

・クローゼット
・棚の中
・タンスの中

「散らかりゾーン」は整理整頓ができていない場所のことです。普段から整理整頓をするのが少し面倒なゾーンでもあります。特に物が多いところ、細かいもの、小さいものがある場所は、散らかりゾーンになりやすいです。

散らかりゾーン」リストの使い方

下に例があります。まず目につく散らかっているところを、メモします。次に、ゴミ収集日までに、どこまで終わらせたいかを決めます。その下に赤線を引きます。そして日付も書きます。そして掃除が終われば上から斜線を引けばOK。

書くところが少なく、ゴミ収集日を忘れることはありません。年末のごみ収集日を大掃除の期限にすると、計画的にプランが建てられて便利です。



汚れているゾーンのためのおおそうじリスト

れているゾーン」の例

・キッチン
・トイレ
・洗面所
・ゴミ箱の中

ほこりや油汚れなど、汚れが多い場所です。水回りは毎日掃除していても、細かいところが汚れてきてしまいます。目に見える範囲でいいので、リストにメモしていきましょう。

「汚れているゾーン」リストの使い方

下に例があります。汚れているゾーンでも使い方は、ほとんど同じです。散らかりゾーンとは違う注意点は、洗剤やスポンジなどの掃除道具が必要になることです。

そこで、このゾーンを掃除するのに必要な掃除道具も書き出します。掃除の時にもわかりやすく、家にないものは準備する必要があるので、お買い物リストとしても便利です。


大掃除が大変ならプロに依頼

とはいってもやはり、大掃除は大変です。一度やったら二度三度とリピーター続出!そんなサービスがお掃除代行です。Zehitomoなら、AIマッチングで、あなたの希望にピッタリのプロに依頼ができます。 一年頑張った自分へのご褒美にもいかがでしょうか。

STEP 1:簡単無料依頼
2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力します
STEP 2:提案を受ける
最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してください
STEP 3:交渉成立
プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受けられます


年末こそ断捨離、散らかりゾーンのおおそうじの基本

整理整頓の基本は、物を少なくすることです。物が多いとそれだけうまく収納する方法を考えなければなりません。大掃除が頭も体も使う大変な作業になってしまいます。断捨離のメリットとデメリットをお伝えした後に、コツをご紹介します。

断捨離のメリット

・物の価値が分かることでお金がたまりやすくなる。

断捨離をすると、自分が無駄遣いしていたものに気づくことになります。例えば、同じ文房具が3つあったり、一度も使ったことがないお買い得品などです。断捨離するものが多いほど、自分がいかに無駄遣いをしていたかがよくわかります。逆に買ってよかったものだけが手元に残ります。今後、商品を見る目が変わることで、いい買い物をする機会が増えるはずです。

・時間に余裕ができる

物が少なくなると、必要なものを探すのが簡単になります。特に、服選びに苦労する時間がかなり減ります。服を大量に持ち、そこから着る服を選ぶのは楽しいです。ですが時間もかかります。全身ワンセットで着る服を、7セット決めておきます。そうすると1週間着る服で、悩むことがなくなります。今より時間を贅沢に使った生活をしたい人には、おすすめです。

・健康的な生活を営むことができる

物が少ないことで、清潔な環境を保ちやすくなります。いろいろな物を移動させることが減るので、日々の掃除も段違いに楽にすることができます。普段の掃除の回数も増えるでしょう。清潔な環境であれば睡眠の質も上がり、毎日健康で爽快な生活をすることができます。



断捨離の4つのコツ

1.捨てるものの判断基準をあらかじめ決めておく

断捨離していると、捨てるか残すか迷います。そしていつの間にか、残す物が増えてしまいます。最初から同じ判断基準であれば、迷うことなく捨てることができます。

最低限入れるべき基準は3つあります。1年以上使っていないもの、意図せず2つ以上あるもの、壊れているものの3点です。この3つの基準に当てはまるものは、意外にもたくさんあります。しかしそれでもまだ物が多ければ、追加の基準を設けて断捨離してください。


2.部屋や収納スペースの許容量を知る

棚をあけたら物があふれてくる。物を入れすぎて、引き出しがあかなくなる。物が多すぎて、収納が思うようにできない経験はありませんか?断捨離した後に収納スペースに収まることができないのであれば、さらに捨てる物があります。心を鬼にして捨てる物を決めましょう。


3.迷うのであれば保留するのもあり

捨てる判断基準には入らないけど、もう使うことはないと思うものもあります。そのような場合には、保留するのも一つの手です。迷う時間が増えると、断捨離する時間も長くなります。逃げ道の意味で保留という判断をしてもよいです。保留した場合には、保留したと分かりやすいように保管します。次の断捨離の機会で、また判断してください。


4.思い出の品は後回し

思い出の品は断捨離のときは思い入れがないかもしれません。でも後になって振り返りたい可能性があります。断捨離では後回しにするといいです。



汚れているゾーンの巣窟、水回りの汚れを年末で全部おおそうじ

水回り、特にお風呂とキッチンは大掃除で、一番厄介なお掃除ポイントかもしれません。年に1回は溜まった汚れをすべて洗い流して、いい新年を迎えましょう。水回りの掃除でポイントとなるのが、汚れの種類によって掃除の仕方を変えることです。最後に大掃除の便利グッズを紹介します。


水回りの特徴的な汚れのタイプ別の落とし方

汚れにはタイプがあり、タイプごとに落とし方を変える必要があります。特に水回りに現れる、2つの汚れの落とし方についてお教えします。


シンクやお風呂の鏡に出現しやすい水垢

普段から掃除していても、水垢は徐々にたまってきて、落としにくい汚れです。大掃除では徹底的に落として、ピカピカにしていきましょう。

必要なもの  

・クエン酸 小さじ1/2杯  
・水    100ml  
・スプレー  
・歯ブラシ  
・ラップ

水垢汚れの落とし方

①水100mlに対して、クエン酸を小さじ半分いれ、混ぜます。
②それをスプレーボトルにいれ、水垢に吹き付けます。
③歯ブラシなどでこすって、ピカピカにします。 もしも汚れが頑固な場合には、スプレーで吹き付けたあと、ラップでくるんで15分ほど待ちます。その後に磨きます。


コンロ周りに1年間しぶとくこびりついた油汚れ

油汚れは汚れの中でも、かなり厄介な部類です。この汚れを成敗できれば、気分は爽快、日々の調理も楽しくなります。頑固な油汚れは、一気に重曹で一網打尽にしましょう。

必要なもの  

・重曹  
・お湯  
・スプレー  
・歯ブラシ

油汚れの落とし方

コンロ本体

①五徳(鍋などをおくコンロの器具)を外します。
②お湯1Lに対して重曹6~7杯を入れ、1時間ほどつけおきます。
③お湯が冷めないうちに、歯ブラシでこすって落とします。

コンロ周り

①お湯100mlに対して、重曹を小さじ1、入れて混ぜます。
②スプレーで吹き付ける。
③歯ブラシで磨きます。



面倒なおおそうじの強い味方、お手軽便利グッズ

自分でクエン酸や重曹を混ぜるのは、少し手間がかかります。便利なグッズを使って、大掃除を楽に行いましょう。水垢汚れと油汚れに特化した洗剤と、どんなところでも使えるクロスをご紹介します。


茂木和哉 お風呂用洗剤 「なまはげ」 :水垢に特化。お風呂の汚れはなんでも解決。

この洗剤のすごいところは、スプレーで吹き付けて、3分後にシャワーで流せばキレイになっていることです。頑固な汚れであれば、こすって落とします。簡単にスピーディにお風呂掃除をするにはもってこいの洗剤です。


セスキの激落ちくん :油汚れ以外でも使える洗剤!肌にもやさしい洗剤

油汚れ以外にも手垢や食べ物の汚れなど、アルカリ性の汚れであれば対応できる洗剤です。そして通常、洗浄力の高い洗剤は、肌への刺激の強い界面活性剤が使われていることが多いです。この洗剤は界面活性剤が使われていないので、ベビー用品などにも使えます。


レック 劇落ちクロス マイクロファイバー:磨きながら汚れをキャッチするクリーニングクロス  

マイクロファイバーは吸水性が高く、汚れをとることに優れています。洗剤を使わずとも簡単な汚れであればとれます。普段のちょっとした掃除でも大活躍!!また洗剤との併用も可能で、頑固な汚れも磨き上げることができるクロスです。


大掃除のコツは、いかがでしたか?リストを活用して、効率良く片付けられると良いですね。今年の汚れは今年のうちに落とし、スッキリと年末を迎えましょう!