トイレの臭いを消す5つの掃除方法と臭う原因3つ

2022年3月29日

これからの時期は湿気と暑さが家の中にこもり、家の中の臭いも気になってきますね。特にトイレは毎日家族みんなが使うところであり、大切なお客様も使用されるかもしれません。

みんなが気持ちよく過ごすため、トイレの臭い対策は大切です。今回はトイレの臭いの原因と対策について一緒に考えてみましょう。

トイレが臭う原因

1. 尿素を分解するときに出るアンモニア臭

尿の飛び散りにより雑菌が増え、雑菌が尿素を分解するときに発生するアンモニア臭があります。公衆便所のような臭いがするときはこの原因が考えられます。

2. 下水道の臭い

下水くさい臭いなら、配管のU字トラップ内の水が髪の毛によってが詰まりなくなってしまい、下水の臭いがトイレに上がってきてしまっている状況でしょう。

この原因のときは、パイプユニッシュのようなパイプクリーナーで配管の汚れを取り、新たに水を溜めることが必要です。

3. 換気扇が機能していない

換気扇のフィルターがホコリが詰まって換気ができないと、外に排出されるべき菌がいつまでもトイレ内に溜まり、増殖してしまっている可能性があります。

トイレが臭う際の対応策

1. 業者に依頼する

家庭で落としきれない汚れを一度徹底的に落としておくと、臭いもかなり軽減されることでしょう。サービスによってはウオッシュレットを取り外して裏側まで掃除してくれるので、普段気づかない臭いの元もきれいになります。例えばセコム・ホームサービスの専門清掃ならトイレ一帖1.7㎡以内で9,800円(税別)です。

2. 自分で掃除する

日々のちょこちょことした掃除でもでかなり臭いを抑えられます。トイレを使う人それぞれが自分の汚したところを拭き取り、2,3日に一度(もしくはご自分で決められた頻度で)きちんと掃除をするだけでもかなり違います。

3. 男性が使用する際は気をつけてもらう

男性が使用すると飛び散りや跳ねが発生することがあります。洋式便座であれば座面は上げてもらったり、跳ねに気づいたら都度拭いてもらうなど、毎日の使用時に注意してもらいましょう。

トイレの臭いをなくす掃除方法

1. 便器周辺の床・壁

私たちが思うより尿はあちこち飛んでいて、臭いが発生する原因となります。普段の便器掃除に加えて便器の蓋の周囲や壁、床などをトイレ用洗剤や除菌作用のあるお掃除シートなどで拭きます。隙間は綿棒を使って汚れを取り除きます。洗剤を使った場合は固く絞った雑巾で拭き上げたのち、乾拭きもしておいてください。便器と床の接合部分はトイレ用洗剤を使いながら歯ブラシで汚れをかき出すように掃除します。

また、クエン酸水(水200mlにクエン酸小さじ1を溶かしたもの)をスプレーボトルに入れて壁や床を拭くこともできます。クエン酸は雑菌の繁殖を抑える効果がありますよ。

2. ウォシュレット

取扱説明書に従って洗浄ノズルを出した後、乾いた布に中性洗剤(もしくはアルコール)を付けてさっと優しく拭き取ります。そののちノズルを収納します。

できれば説明書にしたがってウォシュレット本体を取り外し、本体の裏と便器の間を掃除します。酸性の洗剤をトイレットペーパーを使って15分ほど湿布したのち歯ブラシでこすり落とします。

3. 便器の上の縁の裏

見えにくい部分なので姿勢を低くして掃除するのがコツです。ひどい汚れにはトイレ用洗剤を湿布して、そののちこすります。

4. 換気扇

フィルターを付けている場合一年に一度の掃除でいいそうです。カバーやフィルターを外して洗ったあと、しっかり乾かしてください。本体も固く絞った雑巾で拭き、外した部品を付けていきます。

5. 臭い消しスプレーや消臭剤を使う

お客様対策や家族に対するエチケットとしても使用できるのが臭い消しスプレーです。アンモニアは空気より軽いため上に溜まりやすい性質がありますので、スプレーを天井面および天井近くの壁に吹き付けるとアンモニア臭を消す効果が高まります。

また市販のトイレ用消臭剤や炭、または容器に入れた重曹などを少し高い位置に置いておくのもいいでしょう。重曹は消臭効果もあります。

Zehitomoでトイレクリーニングを依頼

トイレは見かけは綺麗でも、におってしまっては台無しです。こまめな掃除で消臭に励みましょう。

もしも自分では手に負えないほど、汚れてしまった場合には、ぜひZehitomoからトイレクリーニングを依頼してみましょう。

Zehitomoにはたくさんのトイレクリーニングのプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合うトイレクリーニングのプロを見つけてみてくださいね。