家をリフォームする6つの大きなメリット

2022年4月27日

家をリフォームしたいと思ったことはありませんか?リフォームすると見栄えが綺麗になるだけではなく、利便性も上がり快適に暮らせる家になります。

家のリフォームの基本・メリット・費用・期間などについて詳しく解説したいと思います。ほんの少しでもリフォームに興味のある方は必見です。

1.家のリフォームとは?どんなことをするの?

劣化箇所の修復・修繕

リフォームの大きな目的として、劣化箇所の修復・修繕が挙げられます。雨漏りや隙間風、または床がギシギシと鳴っているなどの劣化箇所を直すことで、より快適に暮らすことができるでしょう。

劣化箇所は放っておくと、どんどん酷くなるリスクもあります。早めに手を打つとよいですね。

必要のない部屋を欲しい部屋や施設にする

リフォームすることによって、使わなくなった部屋を欲しい部屋や施設に変えることもできます。例えば物置部屋になってしまっている部屋を、移動式の本棚などがある書斎に変身させることもできるのです。読書が趣味の方や、これから本を沢山読もうと思っている方にとって、嬉しい変化ですよね。

老若男女に暮らしやすい家にする

老若男女に暮らしやすい家にするために、リフォームをするという方も多くいます。例えばご高齢になった両親の介護のために、階段などの段差をなくしてスロープにリフォームするなどです。車椅子生活は何かと不便が多いものですが、自分の家だけでも不自由が少なく暮らせるようにリフォームするのはいかがでしょう?きっと車椅子を使用している方に、喜んでもらえますよね。

体の自由がききづらい人にとって過ごしやすい家は、他の人にとっても過ごしやすいでしょう。

熱中症対策

熱中症は家の中でも起こり得ます。実際にそのようなニュースも耳にしますよね。なんと、リフォームによって熱中症対策ができるのです。

窓を二重窓にしたり、暑い日差しを遮る窓に変更することで涼しく過ごすことができます。また、風の通り道をつくるためにドアに網戸を取り付けたり、閉めたままでも風が通るドアに変更することもできます。壁に断熱材を入れたり、屋根や外壁に断熱塗料を使うこともできます。最近のリフォーム技術はすごいですね。

冬の寒さ対策

リフォームすることにより、寒さ対策ができるのです。床下・天井裏・壁などに断熱材を使用することで、驚くほど暖かくなります。襖や障子などは戸襖タイプに変更すると、部屋の密室度が上がって隙間風を予防できます。

地震対策

地震対策のためのリフォームも多く需要があります。日本はもともと地震の多い国ですが、昨今の大きな地震で耐震性に対する意識は高まっています。耐震性の高い家に住んで、安心して暮らしたいですよね。

家の基礎部分を鉄筋コンクリートに変更したり、腐朽箇所の修繕や壁の補強などを行なうことで耐震性を上げることができます。リフォームで安心を手に入れる、と考える時代になってきたと言えるでしょう。

2.家のリフォーム、増築、建て替えの違いとは?

増築

増築とは、今ある建物に更に新たに建て加えることを言います。今ある建物を壊すことなく、敷地内で床面積を広くしたり、平家を2階建てにすることなどを増築と呼びます。

簡単に言うと、生活するスペースを増やすことが増築にあたります。家族が増えて生活しづらくなった、などという場合に増築をする方が多いようです。

建て替え

建て替えとは、今ある建物を取り壊して新しい建物をつくることを言います。一般に建物の基礎部分も含めて全壊させて、別の建物を建てることを建て替えと呼びます。

家の基礎部分も老朽化していて直しようが無い時に、建て替えを行うことが多いようです。

違い

増築と建て替えとリフォームの違いは何でしょうか?増築とは新たに面積を増やすことですが、リフォームは面積を増やすわけではなくて今ある面積で修繕などを行うことを指します。

また、建て替えとは、建物の基礎部分も含めて全壊させますが、リフォームは建物の基礎部分は残して部分的に改築・修繕などを行うことを指します。

3.家のリフォームにかかる費用の相場

例えば築40年の戸建てを丸ごとリフォームすると、500〜1,000万円程度かかると言われています。戸建てを丸ごとリフォームしたいという多くの方は、目安として500万円を相場と考えている方が多いようです。500万円で生活しやすい家で毎日過ごせると考えると、決して高い金額とは思えませんよね。

また、例えばリビングと洋室だけなど部分的にリフォームしたいというケースだと、100〜300万円程度が相場になります。一軒丸ごとリフォームすることに踏み切れない方は、まずは部分的にリフォームしてみてもいいかもしれませんね。

4.家のリフォームにかかる期間はどのくらい?

家 リフォーム メリット 効果 費用 期間

家のリフォームにかかる期間を、場所別で紹介していきます。まずはキッチンだと約2〜3週間程度です。次にトイレだと約5日間程度です。そして浴室・リビングだとそれぞれ約1週間程度です。最後に屋根・外壁の塗装は約1〜4週間です。意外に短い期間でリフォームできてしまうので、驚いている方もいるのではないでしょうか?

最後に

リフォームすることで、快適かつ安全に生活できるということがおわかりいただけたと思います。あなたもリフォームをして、まるで新築の綺麗な家に引っ越してきたかのような気分で日々を過ごしてみませんか?

きっと毎日の生活が楽しくなるでしょう。まずはリフォームについて相談するところから始めてみませんか?

あなたのご自宅をリフォームする見積もりを取る

ご自宅のリフォームに、どのような工程を組むのか?どの程度日数がかかるのか?金額はどうなりそうか?Zehitomo で見積もりを取ってみませんか。

内容によってはご自身のDIYで済むかもしれませんし、プロフェッショナルに任せたほうがいいかもしれません。プロフェッショナルに任せるにしても、住まいは毎日使いますし、大切な人が使う場所です。
どのような業者がいるのか、どのような担当者が来るのか、多くの業者から見積もりを取って見定めたほうがいいでしょう。

Zehitomoでリフォームの依頼を出すと、5名以内のリフォームのプロフェッショナルからすぐに見積もりを取ることができます。ぜひ気軽に見積もり依頼を出してみてくださいね。