水漏れの応急処置と相場はいくら?業者に頼むポイントをチェック

2021年12月7日

水道は、私たちの生活に欠かすことができない大切な存在です。しかし、時には水漏れを起こしてしまうことも。水漏れが起きたときは、まず原因を確かめる必要があります。その結果、もしご自身で対処できそうなら、そのまま処置を行うのでも良いでしょう。ダメな時は無理して直そうとせず、業者に頼るのが賢明です。とはいえ、業者が来るまでの応急処置や依頼にかかる料金など、気になる点は多いですよね。今回の記事では、そんな時に役立つ情報をお伝えしていきます。

業者が来るまでに応急処置しよう

まず、業者が来るまでにしておくべき応急処置です。水漏れが発生した場合、できるだけ早く対処することが重要になってきます。これから紹介する方法は、いずれもさほど難しくなく、自分で対応できるものばかりです。もし水漏れが起きてしまったら、まずは下記の対処法をとりましょう。


元栓・止水栓を閉めて、水の流れを止める

最初にしなければいけないのは、水の流れを止めるということです。自宅の水道設備において水を止めるには、「元栓」「止水栓」のどちらかを閉める必要があります。

1.元栓

元栓のバルブ(ハンドル)を、時計回りに回してください。しっかり止まるまで回しましょう。つまみタイプの場合、プライヤー・ペンチなどで挟んで回すと回しやすくなります。もし2つある場合は、2つとも時計回りに回してください。

元栓には、「家全体の水流をコントロールする」という役割があります。この元栓を閉めることで、自宅の水流を全て止めることができるのです。しかし、トイレや洗面所などの水道が一切使用できなくなる、マンションやアパートの場合、部屋ごとでなく建物全体の元栓しかないことがある、などのデメリットもあるので注意が必要です。

  • 元栓の場所

戸建ては、敷地内の地面にある水道メーターボックス内に、元栓のバルブ(ハンドル)があります。メーターボックスは青色のプラスチック・鉄製の四角いフタで、「量水器」と書かれていることが多く、それを目印に探しましょう。集合住宅の場合は、玄関ドアの横のメーターボックスを開いて、水道メーターの近くにあるバルブが水道の元栓です。また、エントランスや廊下など、共用部にあるメーターボックスに、全戸の水道メーター・元栓が設置されていることもあります。その場合は、水道メーターのフタ裏や、近くの札に部屋番号が書かれていることが多いため、自分の部屋番号を探してください。


2.止水栓

止水栓は、「各設備ごとの水流をコントロールする」という働きを持っています。そのため、どの設備から水漏れしているか分かっている場合、その設備の止水栓を閉めることで、水漏れを止められる可能性が大きいです。

  • トイレ:

ほとんどの場合、トイレタンク横の壁や床に、給水管がむき出しで接続されています。収納一体型トイレの場合、キャビネットの中に給水管があります。その給水管の途中で設置されている金属栓が、トイレの止水栓です。ハンドルが付いている場合はハンドルを時計回りに回し、付いていない場合はマイナスドライバーで回してください。

  • 台所(シンク):

台所の蛇口やその周辺から水漏れしている場合、シンク下の止水栓を閉める必要があります。シンクの下にある扉を開くと、床下から蛇口につながる2本のパイプが見えるはずです。向かって右側にあるのが給水管、左側にあるのが給湯管で、その途中に止水栓が付いています。場合によっては、板のようなもので覆われており、見つからないこともあります。覆っている板はネジで固定されている場合が多く、ネジを回せば取り外せるため、そのようなものがないか探してみてください。止水栓は、ハンドル付きのものであれば素手で時計回りに回し、ついていないものは、マイナスドライバーで回しましょう。

  • 洗面所(洗面台):

洗面台は、台所の止水栓と同じような配置となっています。洗面台下の扉の中に給水管・給湯管と2本のパイプが見えて、その途中に付いているものが止水栓です。この止水栓も、ハンドルが付いていれば手で時計回りに回し、ついていなければマイナスドライバーで回してください。

  • 浴室:

浴室内のシャワーにおける止水栓は、蛇口の本体に設置されています。給水管・給湯管が二股に分かれており、壁との接続部分近く(脚部分)に止水栓があります。ハンドルが付いていないものが多く、マイナスドライバーを使用して時計回りに回してください。また、浴槽における止水栓は、システムバスやユニットバスだと見えない部分にあることが多いです。ドライバーでカバーなどを外す必要があり、なかなか難しいため、元栓を閉めるか業者の到着を待ちましょう。蛇口タイプであれば、シャワーと同様に、脚部分の止水栓を右に回すことで閉めることができます。

  • 給湯器:

給湯器から水漏れが起きている場合、製品ごとに止水栓を閉める方法が異なります。取扱説明書に閉め方が書かれているため、そちらを見ながら作業するか、不安な場合はメーカーに問い合わせた方が良いでしょう。給湯器にはガスの元栓も付いているため、無理に作業を進めると事故につながる恐れがあります。そのため作業は慎重に行い、難しいと思ったら業者が来るのを待つのが無難です。

  • 洗濯機:

洗濯機は、専用の止水栓がありません。もし洗濯機が水漏れを起こしている場合、元栓を閉めて対応する必要があります。ホースから水漏れしている場合は、洗濯機の蛇口(単水栓)を閉めることで、一時的に水を止められることもあります。しかし、蛇口自体から水漏れしている場合は元栓を閉めなければいけないため、気をつけましょう。


応急処置をする

水道管やパイプが破損しているとき


水道管やパイプから水漏れしている場合、「配管補修テープ」を使用することで、一時的に水漏れを止めることができます。根本的な解決にはならず、あくまでも業者に修理してもらうまでの応急処置ですが、家にひとつ置いてあると便利でしょう。ホームセンターや100円ショップ、ネット通販で購入できます。勢いが強い水漏れはテープだけで防ぎきることができないため、注意してください。


配管補修テープの使い方

  1. 水漏れを起こしている設備の止水栓を閉める
  2. 水漏れ部分をできるだけ綺麗にする
  3. 必要な長さの分、テープをカットする(目安:20〜30cm)
  4. 軽く引っ張りながら、パイプ・排水管に巻きつけていく
  5. 巻き終わりの部分は強く圧着して固定させる
  6. より強度を高めたいときは、上から保護テープを貼り付ける


テープの種類は、主に以下の3種類です。

  • 自己癒着テープ

テープ同士がくっつく仕組みで、水を弾くのりを使用しておらず、水に強いテープです。また、ゴムのように伸びる性質を持っているため、隙間を作らず密着させることができます。
価格相場:400円〜2,100円

  • 防水補修シート

見た目はビニールテープやガムテープに似ています。表面が防水となっており、伸びの良い素材で、水が漏れている箇所に貼り付けるだけの簡単なテープです。
価格相場:500円〜2,000円

  • 水道用ラップテープ

シリコンゴムを使用したテープで、配管からの水漏れを防ぐとき、主に使われるものです。自己癒着テープと同様に、テープとテープがくっつくため接着剤を使わず、剥がした後も粘着質が残ることはありません。伸縮性にも優れており、凸凹した部分にも簡単に巻きつけることができます。
価格相場:600円〜2,000円

配管の接続部から水漏れしているとき

接続部分からの水漏れであれば、止水栓を閉めることで一時的に止めることができます。

元栓が故障しているとき

中には、元栓が故障して閉まらない場合もあります。この場合、水道修理業者では対応することができません。元栓は、各地の水道局が管轄するもののためです。元栓が壊れてしまっている場合は、管轄の「水道局」に問い合わせて、指示を仰ぐようにしましょう。


水漏れ修理業者の選び方

続いて、業者の選び方についてです。以下のポイントを意識すると、安心して業者が選べます。

1.価格

見積もりを提示されたとき、この費用相場を大幅に超えるような業者は注意してください。反対に、安すぎる業者も杜撰な工事である可能性があるため、避けるようにしましょう。

調整作業・一部部品の交換:4,000円〜15,000円

症状が軽い場合、蛇口や配管におけるネジの締め直しや、パッキン・ナットといった一部のパーツを交換するだけで解決することもあります。この場合、作業料金や、実際に交換したパーツの料金、古いパーツの処分費がかかります。

蛇口本体の交換:15,000円〜50,0000円

蛇口本体が劣化しているため、部品交換だけではどうしようもない場合、蛇口本体を交換することとなります。この場合、作業料金のほかに蛇口本体代や、古い蛇口の処分費もかかるため注意してください。なお、蛇口本体によって大きく費用が異なります。湯水が出るタイプの蛇口やセンサー・自動停止機能など高機能な蛇口の場合、水だけが出るタイプと比べ、高い傾向です。

配管の交換:12,000円〜40,000円

経年劣化により、排水管・給水管が破損している場合はそれらを交換する必要があります。この時も、蛇口交換と同様に、作業料金と本体料金、古い配管の処分費がかかってきます。

詰まりを解消:3,000円〜50,000円

排水管の内部で髪や油・食品などの異物が詰まっている場合、その詰まりを解消してもらう必要があります。特殊な薬品を使用することも多く、作業料金と薬品代がかかります。また、高圧洗浄が必要となる場合、高額になります。

漏水調査:0円〜15,000円

蛇口や排水管からの水漏れであれば、水漏れの原因は分かりやすいでしょう。しかし、床・天井のように、内部で水漏れが起こっている場合は、自分では水漏れを見つけることができません。そのため、まずは水漏れの原因を調査してもらう必要があります。漏水調査を行う場合、修理・交換をそのまま行うのであれば無料とする業者もいますが、別途料金が発生することもあり、注意しましょう。

2.スピード

水漏れは、修理までの時間が長ければ長いほど悪化しやすく、また無駄に水道代がかかってしまいます。そのため、「スピード対応」をアピールしている業者はおすすめです。

問い合わせの時点で、住所を伝えると大体の到着時間を伝えてもらうことができ、「15分〜30分」であれば、対応が早い業者と言えます。特に、同じ市区町村内であれば自宅までの距離が短く、早く来てもらえる可能性も高いでしょう。

なお、業者によっては事業所自体は別の地域にあっても、営業所を付近のエリアに配置していることもあります。そのため、事業所が別のエリアだからといって諦めず、気になる業者があれば対応エリアを確認したり、一度問い合わせてみたりするのがおすすめです。

3.技術力

業者を選ぶときは、やはり、技術力は大切です。サイトの実績を確認したり、口コミはどういったものがあるかを確認したりして、その業者に依頼していいか判断します。

また、「水道局指定工事店」に認定されているかも一つの目安です。この認定をもらうには、各自治体(水道局)から「給水装置工事を適切に行うことができる」と認められる必要があるからです。水道局指定工事店であれば、実務経験と技術力があり、信頼して水道工事が任せられるでしょう。


こんな業者には要注意!

以下のような業者は悪質であることが多く、避けるようにしましょう。

・工事の手順について、説明が曖昧なまま見積もりを出してくる
・見積もりの内訳が不明瞭
・相場よりも費用が高すぎる・安すぎる
・「最終見積もり」との明言がない
・無資格、また質問しても曖昧に答えられる

こうした業者の場合、後から追加費用が発生したり、技術力が不足していたりと、あまり信頼できる業者とは言えません。注意が必要です。

また、例外として「深夜・早朝(20:00〜翌朝7:00)は相場よりやや高くなる」ということは押さえておいてください。こうした時間は、通常だと営業時間外のため、夜間(早朝)料金が発生する場合が一般的です。相場より、5,000円〜8,000円高くなる可能性があります。


水漏れ修理をしたい!おすすめ業者をご紹介

Zehitomoには、あらゆる地域・ニーズに対応できる事業様が多く登録しています。今回は、おすすめの業者様をご紹介します。

Water Quick

埼玉県久喜市を中心として、水回りのトラブル全般に対応されている業者様です。「最短15分」という迅速なスピードで、水漏れ修理や水栓交換、水道の詰まりなどを解決してもらうことができます。またその実績も豊富で、1ヶ月のうち57件もの依頼に対応されたようです。(2021年1月時点)コストに関しても、作業料金が1,000円〜とリーズナブルになっており、水回りでお困りごとがあった時に相談されてみてはいかがでしょうか。

水プロサービス

千葉県千葉市の高品町において、トイレからキッチン、お風呂と、様々な場所の水道トラブルに対応されている業者様です。蛇口の水漏れから水流れの悪さ、排水溝の異臭など、あらゆるトラブルで頼ることができます。また、安さを強みとされており、特に蛇口交換において、保証付きの工事パックを案内してもらえるのが嬉しいポイントです。Zehitomo内におけるユーザー様からの評価も高く、近くにお住まいの方にはおすすめでしょう。

株式会社日本水道保安協会

西日本を中心に活躍されており、「24時間年中無休」で水漏れトラブルに対応されている業者様です。関西・中国・四国・九州エリアにお住まいの場合、対応可能となっています。その対象も幅広く、一般住宅からマンションのような集合住宅、事業所、工場など、あらゆる緊急トラブルにおいて頼れる存在です。見積もり・出張費・点検を無料とされているため、何か水回りのことでお困りの時は、ぜひ相談してみてください。

お助け屋本舗

千葉県船橋市の東船橋を中心に、水漏れ・水の詰まりといった水回りのトラブルから、エアコン・雨樋の修理など、自宅のあらゆる困りごとに対応されている業者様です。お客様との関係構築を大事にされており、作業前・作業後の状態を、素人でも理解できるように丁寧に説明してもらえます。また料金提示も適切で、そうした真摯なご対応からZehitomoユーザー様からの評価も高く、信頼できる業者様と言えるでしょう。水回りだけでなく、家屋において何かお困りごとがある際は、相談されてみてはいかがでしょうか。

K.R.リペアサービス

埼玉県入間郡の三芳町に拠点を置き、水回りリフォームに対応されている業者様です。キッチンやお風呂の水栓交換、水漏れ・詰まりの解消、トイレ交換など、水回りにおけるあらゆる依頼に応えてもらえます。スピーディーで丁寧なご対応とのことで、初めての水道トラブルという方でも安心して頼ることができるでしょう。もしお近くにお住まいで、水漏れトラブルが起こったときは、こちらの業者様に依頼してみることをおすすめします。

水漏れ修理を依頼したお客様の口コミ

“帰宅後にトイレがつまっており、水があふれ出ている状況の中、スッポンを使用するも改善しなかったため、急遽、依頼しました。 すぐに対応してくれ、手慣れた手つきでトイレを直してくれました。 対応事態も親切でスピーディーにおこなってくれ、 価格も安かったので一人暮らしですが助かりました!”(2018年4月)

“数社お見積りして最終的にお願いしました。 見積り、調査費、出張費が無料のところを優先していましたが う~ん?結局無料の業者さんは、態度も悪く説明なども腑に落ちませんでしたのでお断りしたのですが結局こちらで依頼して正解でした。 仕事、態度、料金、気配りまで5つ星です。 有難う御座いました。”(2020年7月)

“流し排水の詰りを直して下さいました。 突然水が床から溢れて来てマグネットシートで宣伝している会社に 電話して来て頂きましたけど床下も腐っているからと言われ直すのに50万円以上の見積もりを提示され一時保留にしてゼヒトモで紹介されたお助け屋本舗さんに来て頂き10分程度で直して頂き料金も格安でした。危うく騙されるところでしたがお助け屋本舗さんに確認して頂きましたが床下も問題なかったでした。皆さんもお気を付け下さい。素晴らしい業者さんですよ。有難う御座いました”(2021年1月)

困った時は無理せずプロに頼ろう

今回の記事では、水漏れ業者に依頼するとき、知っておきたいポイントを解説してきました。いかがでしたか?自分で修理するのは難しそうだと感じたら、できるだけ早めに業者に依頼し、修理をしてもらいましょう。