ユニットバスの交換費用について徹底解説!知っておきたいポイントはココ

2021年12月7日

多くの家庭で使われているユニットバス。一般的に耐久年数は15~20年の間と言われているため、その間に交換するのがベストです。しかし、場合によってはその期間よりも早く修復・交換を業者に頼む必要があります。

今回は、ユニットバスの交換の際に知っておくべき事前知識や、費用相場について解説します。交換にかかる費用を安く済ませる方法も説明しますので、ぜひチェックしてみてください。

ユニットバスとは

壁と浴槽が一体になっているユニットバス。パーツを組み立てるだけで完成するので、工期が短くて済むというメリットから、日本の住宅に多く見られる形式です。とはいえ、日々の生活で利用する浴室は、いずれ交換が必要になるもの。

「古いものから新品に変えたい!」
「在来工法の浴室から変えたい!」

など、業者にリフォームを依頼をする人が増えているようです。

ユニットバス交換の際に知っておくべきこと

ユニットバスの交換を業者に依頼する前に、以下の3つのことを事前知識として把握しておきましょう。

ユニットバスの交換頻度は15~20年に1度

ユニットバスの耐久年数は大体15~20年と言われているため、その期間で交換することをおすすめします。

・床や壁にひび割れやさびが目立つ
・浴槽の塗装が剝がれている
・排水溝から嫌な匂いが発生している
・カビが発生しやすくなった

といった問題が発生している場合、耐久年数が経過していなくても、交換するのが賢明です。

「まだ使えるのでもったいない」という思いもあるかもしれませんが、浴室を快適に利用するためには、早急に問題を解決する必要があります。

また、毎日の掃除やカビ対策など、日々のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。そうすることで、ユニットバスを長期間利用することができるので、結果として経済的です。

ユニットバス交換完了の目安は2日〜8日

ユニットバスの工期の目安は

・古いものから新品にする場合:2〜6日
・在来工法の浴室から変える場合:4〜8日

程度で完了します。工事中は1日1~2時間は水を使えないため、事前に生活に必要な水を溜めておきましょう。また、工事の作業によっては騒音が発生することがあります。工事を行う前に近隣の方に知らせておくことで、近隣のトラブルも防げます。

マンションと戸建てではサイズが違う

マンションは、戸建てよりも狭いため、0.75坪サイズの浴室が主流です。それに対して、戸建ては1坪、1.25坪サイズ程度の空間にゆとりがある浴室が主流です。

サイズが違うからと言って、基本的な性能が変わるわけではありません。しかし、デザイン性であったり機能性という面で、マンションは劣ってしまう場合があるので注意が必要です。

ユニットバスの交換費用相場

ユニットバス交換の費用は、「ユニットバスの価格」、「工事費」、「諸費用」の3つから成ります。それぞれどのくらいの費用がかかるのかみていきましょう。

ユニットバスの料金

ユニットバスの料金は

・本体のグレード
・ユニットバスの大きさ

によって変動します。大体の相場は、以下の表の通りです。

工事費

ユニットバス交換の際に行う作業とその価格の目安は、以下の表の通りです。工事費で30万円前後かかるということは見積もっておきましょう。

床下の土台が腐っている場合、水道が劣化している場合は修繕が必要になるため、追加で費用がかかります。

諸費用

浴室にオプションをつける際、以下のような諸費用がかかります。オプションは後付けをすることが可能ですが、ユニットバス交換時に一緒にしてもらうことをおすすめします。例ですが、よくあるオプションとかかる費用相場は以下の通りです。

工事にかかる全体の費用相場

・古いものから新品にする場合
・在来工法の浴室から変える場合

それぞれ、どのくらいに費用がかかるのか見ていきましょう。

古いものから、新品に交換する場合

古いユニットバスから、新しいユニットバスに交換する工事の費用相場は、大体600,000円~2,000,000円程度です

各金額帯でできる工事内容は、下記の表の通りです。

600,000円~1,000,000円程度なら、デザインや機能性が充実し、バリアフリーに対応した浴室にすることが可能です。利便性を充実させたい方は、この程度の費用感で工事をお願いするとよいでしょう。

1,000,000円~2,000,000円程度なら、上記のオプションに加えて、浴槽位置・サイズ変更を変更することが可能です利便性に加えて、広々とした浴室、浴槽で満足感を感じたい方は、多額の費用をかけてでも工事をお願いすることをおすすめします

w

在来工法の浴室から交換する場合

在来工法の浴室から交換する工事の費用相場は、大体800,000円~1,300,000円程度です。

この工事の場合、既存の床や壁を取り壊す必要があるため、古いユニットバスからの交換よりも費用は高くつきます。

しかし、1度解体をしてからユニットバスを入れるため、水道設備の位置を変えられるというメリットはあります。

人気のユニットバス3種類

ユニットバスは、多くのメーカーが独自の性能や特徴を持った商品を提供しています。ここでは、その中でも人気のユニットバスを3つ紹介します。

Panasonic 「FZ」

FZは、他のPanasonicが出しているユニットバスに比べると、価格は低い部類に入ります。

しかし、オプションの数が豊富であるため、自分自身でカスマイズすることができ、理想的な浴室を作り上げることが可能です。

例として、「スミピカフロア」という汚れが落ちやすい構造になっている床にしたり、LEDの壁付証明をとりつけることが可能です。

TOTO 「サザナ」

TOTOのサザナは戸建て住宅向けのユニットバス。サイズやお客様に合わせたプランの種類が豊富であることが特徴です。

多くの機能がサザナにはついていますが、中でも「ほっからり床」と「エアインシャワー」はとても優秀です。

ほっからり床とは、水分が排水されやすいよう加工された床のこと。このほっからり床によって、浴室内の湿度を適切に保つことができます。

エアインシャワーとは、水に空気を含ませることで、水の1粒1粒を大粒化することができるシャワーことです。これによって、節水をしつつも快適な浴び心地を維持することができます。

LIXIL 「アライズ」

LIXILのアライズは、比較的安価にもかかわらず、上質でリラックスできるような浴室を作り上げることが可能です。

サザナ同様に、多くの機能が備わっていますが、中でも「キレイサーモフロア」、「サーモバスS」は他のメーカーにはないような独自の機能です。

キレイサーモフロアは、油や水をはじく特殊な加工がされた床のこと。汚れの付着を防ぐことができるため、掃除をする際はスポンジで軽くこするだけで汚れを落とすことができます。

サーモバスSは、断熱効果が非常に高い浴槽のこと。お湯の温度が下がりにくい構造になっているため、追い炊き機能の稼働を最小限に抑えてくれます。

ユニットバスの交換費用を抑えるコツ

ユニットバス交換は多くの工事費用がかかります。行うなら、なるべく安く済ましたいと思うでしょう。そんな方には、

ここでは、工事費用を浮かすコツを紹介します。ユニットバス交換を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

地元の小さなリフォーム会社にお願いする

費用を抑えたいのであれば、地元の小さなリフォーム会社に頼むのがおすすめです。なぜなら、大手や中規模リフォーム会社を利用すると、下請け業者を紹介されることが多いため、紹介料を余分に支払うこともあるからです。

また小さなリフォーム会社は、広告宣伝費をあまりかけていない所が多いため、基本の工事料金も他のリフォーム会社よりは安く見積もりしてくれる可能性が高いです。

しかし、価格で勝負しているリフォーム会社は、施工品質が良いとは限りません。見積もりや相談の際は、「この会社で信頼して任せられるか」を見極める必要があります。

自分だけで判断するのが難しい場合は、リフォーム会社紹介サイトなど、インターネット情報を活用して選ぶと良いでしょう。

複数の業者に見積もりを出す

同じユニットバスのメーカー、工事内容でも業者によって見積もり価格は異なります。適正で、なおかつ安い費用で業者に施工をお願いするためにも、複数の業者に見積もりを出してもらい比較するようにしましょう。

見積もりが一番安い業者を選べば良いというわけではありません。見積もりの段階ではその額でも、工事後に多額の追加費用を請求されるというケースもあります。

見積もり担当者に、費用の内訳や追加費用の発生の有無をしっかり聞いたうえで、選ぶようにしてください。

追い炊き機能を外す

費用を抑えたいのであれば、オプションでつけられる追い炊き機能を外しましょう。その代わりに、浴槽を断熱材入りのものにすることをおすすめします。

断熱材入りの浴槽は、長時間温度を保ってくれるため、追い炊き機能を使わなくてもあったかいお湯に浸かることができるからです。

そうすれば、追い炊き機能の設置にかかる30,000円~40,000円程度の工事費や電気代などのランニングコストを削減することができるため、長期的な目線で見ると大幅な節約をすることができます。

本体以外のリフォームをDIY

業者にユニットバスの交換を依頼すると、工事費の他に人件費も発生しますが、DIYをすることで人件費を節約することができます。

浴槽本体の交換は、配線や水回りの工事が必要になるため、DIYですることは難しいですが、シャワーヘッドの交換や鏡の張替え等はDIY初心者でも行うことができるため、費用を抑えたいのであれば、自分でやってみましょう。

しかし失敗してしまうと、結局業者に頼むことになり、時間とコストを費やすだけになってしまうので、あまり自信がなければ基本的に業者に任せることをおすすめします。

施主支給でリフォームを行う

施主支給でリフォームを行うことでも費用を安く抑えることができます。施主支給とは、設備や建材の発注を業者の代わりに自分で行うことです。業者を通す必要がないため、安価で設備を購入できるだけでなく、商品の選択肢も広がります。

しかし、設備に不備があった際は、自分でメーカーに問い合わせる必要があったり、施主支給に対応していないリフォーム業者もあるということは念頭に入れておいてください。

施主支給をスムーズに行うために、見積もりをもらう前にリフォーム業者者に施主支給を検討していることを申し出ましょう。施工後に起こるトラブルを未然に防ぐためにも、リフォーム業者との相談はかかせません。

ユニットバス交換を依頼するするならZehitomoで

Zehitomoにはユニットバス交換を得意とするお風呂、浴室リフォーム業者が多く登録しており、無料で依頼を出すことができます。

いくつかの質問に答えていくだけで簡単に5名以内のプロとマッチングし、見積もりをもらうことが可能。

簡単に複数の見積もりを比較できるだけでなく、事前にチャットでやり取りできるため、不安や疑問を解消した上で依頼ができます。ぜひ気軽に利用してみてください。